ClipboardImage.bmp
これからのエクステリアにはデザイン性や生活の機能性も大事ですが防犯に対する認識も重要な課題です。後で気づくより同時に取り付け施工するとご負担が少なくてすみます。


外構工事をする場合、建物周りの塀は防犯上外部から侵入が見やすいようにくりぬきや、フェンスなど、また犬走りには砂利などを敷き、足音の発生しやすいようにすれば簡単な防犯対策が出来ます。音や光さらにハイレベルな防犯抑制商品を設置すれば効果はより高くなります。下記に防犯に対しての記事を掲載いたしました。是非参考にしてください。

○造園工事、外構工事の際に施工可能な防犯対策方法をメーカーのカタログを参考にして掲載しました。
まず侵入者に対しての効果的な抑止力は
〇間  侵入者に、てこずらせてあきらめさせる。音  侵入者を威嚇する。アラーム音
L棔 々發ぅ侫Д鵐垢覆匹納囲からわからせじ  センサーライトやフラッシュライトで威嚇する。警告ランプで進入を知らせる。
が大きく分けたバリアディフェンスです。


ScreenShotImage.bmp
車庫まわりの防犯性を高める電動アップゲート。こじ開けによる愛車の盗難を防止します。
ScreenShotImage.bmp
サウンドパンチ門柱は門扉まわりからの侵入やフェンスの乗り越えに対して警戒音声で威嚇し、侵入をためらわせる抑止力があります。
ScreenShotImage.bmp
敷地内が見通せるデザインで容易に乗り越えられない高さのフェンスは防犯に最適のアイテムです。
ScreenShotImage.bmp
連続フラッシングや監視によって侵入者を威嚇。アプローチや車庫まわりの防犯性をアップさせる商品です。
当社ではデザインの段階から防犯に対しての対策を取り入れて提案することにしております。建物回りには足音のしやすい砂利敷き、門柱に取り付けるモニター付きインターホン、アプローチの防犯に対する照明の設置、また塀のデザインではスルーブロックやガラスブロックを、垣根やフェンスなど境界ゾーンに対してもデザイン性と防犯抑制対策をうまく取り入れて設計、ご提案いたしております。